プロモーションスタッフ

プロモーションスタッフの窓

レシピ紹介
健腸レシピ第8弾『豚キャベキムチ』

2021年2月9日

みなさんこんにちは♪なつ子です!

 

健腸レシピ第8弾!!

今回は愛知県が全国で生産量1位の「キャベツ」をテーマに紹介していきます

 

葉がぎっしりと詰まって重さのあるものがおいしいキャベツ。1年中あるキャベツですが2月が旬で甘みが増して美味しい今が断トツおすすめ!水分量が92.7%とほとんどが水分なので100gあたり23kcalとエネルギーも低め。そして水分だけでなく、ビタミンCやビタミンK、そして健腸にはかかせない食物繊維も豊富なんです!

 

今までのレシピでところどころ出てきた食物繊維。

なぜ食物繊維が腸に重要なのか、、、

それは腸内環境をきれいにしてくれるおなかの良い菌(有用菌)たちのエサになり、良い菌を増やしてくれる働きがあるんです!

人が食事を摂るように、実は腸内細菌もエサを必要とします。おなかの悪い菌(有害菌)は偏った食事や飲みすぎ食べ過ぎが続いてしまうと元気になり、腸内を腐敗させたり、毒素を産生してしまいます。おなかの良い菌に元気よく働いてもらうためにも、食物繊維やガラクトオリゴ糖を積極的に摂るようにしましょう!!

 

今週のレシピは「豚キャベキムチ」🐖

キャベツの食物繊維とキムチの乳酸菌でシンバイオティクス!(また別の投稿で紹介します♪)Wでおなかに嬉しいレシピで健腸になりましょう!

 

『豚キャベキムチ』

〈材料〉(2人分)

・豚バラ肉   200g

・キャベツ   200g1/4個)

・キムチ    200g

・ごま油    5g(小さじ1)

・酒      15㏄(大さじ1

・みりん    19g(大さじ1)

・しょうゆ   18g(大さじ1

・にんにく   3㎝(お好み)

〈作り方〉

①キャベツをざく切り、豚肉を一口大に切る。

②フライパンにごま油をしき、肉を炒め、色が変わってきたらキャベツとにんにくを入れる。

③キャベツがしんなりしてきたらキムチを加え、全体を混ぜたら酒、みりん、しょうゆを入れ、全体を混ぜ炒めたら完成。

 栄養価 

エネルギー553kcal

たんぱく質 19.2g

脂質    41.9g

炭水化物  19g

食塩    3g

食物繊維  4.5g

※ごはんがすすむので注意です( *´艸`)

普通の豚キムチもいいですが、キャベツの歯ごたえにより、食べ応えマシマシです😋

調味料でコクもプラスされた豚キャベキムチで、 

おいしくスタミナもつけて健腸になりましょう!!

 

 管理栄養士 川合なつみ

ページの上部へ