バージョンアップを心掛け、
常にお客さまの
良きパートナーでありたい

01
岩本 真由子

2018年入社 事業本部
流通事業部
チェーンストアチーム

「ヤクルト」への信頼
 ずっと守っていきたい

入社後、2か月間の研修期間を経て配属されたのは流通事業部広域流通課です。1年目はフィールドスタッフとして担当店舗を回っていました。フィールドスタッフは店舗の売場を訪問し、新商品のご案内や売場提案・売場作り、試飲販売の企画提案などを行うお仕事です。配属当初は何をするにも分からないことばかり。不安な気持ちもありましたが、先輩方がいつも気にかけてくれ、優しく教えてもらったり、困ったときはいつでも相談に乗ってもらっていました。驚いたのは、初めて店舗のご担当者さまへ企画をご提案したとき。「ヤクルトさんの企画なら是非やろう」とその場でOKのお返事。今までの先輩方がコツコツと積み重ねてきた「ヤクルト」への信頼を感じました。今度は私が受け継ぐ番。営業のお仕事で一番大切なのは、お客さまのニーズを引き出しそれに応えることで、いかにお役立ち出来るかだと思っています。

やっぱり人と関わるお仕事ですから「難しいな」と思うこともあります。経験が浅いということで、なかなか相手にしてもらえないこともありました。その方に受け入れてもらう為にはどうしたら良いのか模索している中、先輩から「会う回数をたくさん増やした方がいいよ」とアドバイスをいただいたんです。それから、「今月〇回は訪問しよう」「今週は〇回品出しに行こう」と短いスパンで目標を決め、訪問回数を増やしていきました。そうすると、相手の求めていることが当たり前のように分かってきて、阿吽の呼吸でやり取り出来るようになってきたんです。お願いされることも増えていき、笑って話してくれるようになったときには「認めてもらえた!」と、とても嬉しかったのを覚えています。

「ヤクルト」の価値
 より多くの方へ

2年目からは本部担当として4つのチェーンストアを受け持つことになりました。複数の店舗を統括している本部のバイヤーへ新商品や販促企画のご提案などの商談を行い、売上を伸ばすのが本部担当の役割です。広域流通課は当社の売り上げの大半を占めています。もちろん、自分の担当しているチェーンストアの売り上げは毎日確認し、前年比を捉えることを常に意識しています。前年の売り上げを超えるためには、前年と同じことをしていてはダメ。基本的に本部への商談は2か月前から行うので、いつも先のことを考えて仕事しています。実は管理栄養士の資格を持っていて、健康に貢献できる仕事がしたくてヤクルト東海に入社したんです。店舗を通してたくさんのお客さまへヤクルトをお届けし、健康を維持していただく。売り上げの数字って、「ヤクルトを飲む」という「健康でいるための生活習慣」を、お客さまにどれだけお届けできているかの指標にもなると思います。その最大値を目指して、日々業務に取り組んでいます。

ページの上部へ