+αの提案で、
営業の「おもしろさ」を追求し続ける

02
矢野 実咲

2018年入社 事業本部
法人事業部
ホール営業課

お茶飲んでいいよ」って。救われました(笑)

大学ではチアリーディングをやっていて、体づくりや腸内環境を気にしているうちに健康への関心が高まっていました。ヤクルトは健康のイメージが強いですし、親しみもあったので採用試験を受けることに。ヤクルト東海に入社する決め手となったのは、何と言っても雰囲気の良さ!面接で緊張している私に「お茶飲んでいいよ」と面接官が笑顔で言ってくれて。その時の私にとっては救いの言葉でした(笑)そんな温かい雰囲気のおかげで、自分が伝えたいこともしっかり話せました。新入社員研修を経て、最初に配属されたのはB・S事業部です。四日市オフィスでルート社員として自販機に商品を補充したり、小売店へ納品していました。馴染みのない土地でトラックを運転するルート営業はとても大変でしたが、慣れてくると効率よく回れるようになってきて、納品先の方とも楽しくお話しできるようになったり、自販機の装飾も工夫を凝らしたり、やりがいを感じられるようになってきました。

活かされているルート営業時代!

そんな中、ホール営業課へ異動することに。ホール業界について殆ど知らなかったことや、全く違う業務へ変わることへの不安がありましたが、先輩方に一から教えてもらうことで徐々に解消されました。「ご注文をいただき、納品する」って一見単純なようですが、まずご希望日までの納品が可能なのかを、出来るだけ早く、明確にお返事しなければなりません。会社には事前に発注した分の在庫しかないので、担当ルートと連携を取り、ご注文いただいた分の商品を生産工場へ発注します。商品は工場から会社へ、そしてルート社員が納品先にお届けするという工程があるんです。その「流れ」をすぐ読み取り、説明できるのも、ルートで培った経験が活きていると感じます。担当ルートのスケジュールが埋まって納品に行けないときは、私が代わって行くこともあります。それもルート営業をしていたから出来ることですよね。

ホール営業っておもしろい!

商品のご案内や企画のご提案など、自分の動き一つで店舗からの反応をいただけるのがこの仕事の面白さです。私が受け持っている中で一番の大型店舗に総付景品(ホールに来場したお客さま全員に渡す景品)のご提案をしたときのこと。大型の店舗であればあるほど取引先はたくさんあります。その中でヤクルトを選んでもらうため、関係値を築き上げ、「+α」をどれだけ提供できるかを常に考えています。商品をご案内する際には手書きのメッセージを添え、ラッピングしてお渡しすることも。そしたら、受け取った景品担当の方がとっても喜んでくださって。すかさず「総付でもラッピングできますよ!」とご提案。1,200セットという大量のご注文をいただき、店舗さまから預かったメッセージカードと商品を一緒にラッピングし納品しました。納品までの過程はとても大変でしたが、担当の方に喜んでいただき、とても嬉しかったです。お客さまのお役に立てる「+α」を、これからもどんどん提案していきたいです。

ページの上部へ