一人でも多くの方へ
「健康」と「楽しさ」を届けたい

03
早川 潤

2017年入社 事業本部
流通事業部
給食流通課

「ここじゃなきゃ嫌だ」って
 思ったんですよね

管理栄養士として栄養の知識を活かし食品の分野で働きたいと就活していました。会社説明会で若い社員が話しているのを見て、若い人材も活躍できる職場なのかなという印象を受けました。社員同士も楽しそうに会話していて、朗らかな雰囲気にも惹かれました。食を通じて健康を支える仕事がしたかったのと、予防医学で多くの人の健康に貢献するというヤクルトの精神に共感し、最終面接を迎えた頃には「ここじゃなきゃ嫌だ!」と思うほど入社への気持ちが強まっていました。最初に配属されたのはB・S事業部。自販機への商品の補充、店舗へ納品するルート営業の仕事です。管理栄養士の知識を活かした仕事がしたいと思っていた当時の私は、正直、悶々としながら業務に取り組んでいました。

自販機での価値普及。
仕事が面白くなりました

自販機の納品をしているうちに、その自販機を利用してくださるお客さまのニーズが掴めてきたんです。じゃあまずはそのお客さまに健康を届けようって思い始めて。自販機のインパネに健康に関する情報を貼ってみたり、ラインアップと装飾を工夫してみたり。病院の待合室を利用される方は健康意識が高いだろうと考え作ったのが「シンバイオティクス自販機」。プロバイオティクスの商品とプレバイオティクスの商品を商品ダミーの背景で紹介して、一緒に飲むとシンバイオティクスだと一目で分かるような自販機を作りました。実際にお客さまから「シンバイオティクスのこと詳しく教えて」と質問されたり、反響があったのは嬉しかったですね。自販機でも価値普及できることに気付けたのは大きかったです。お客さまのニーズを捉える力は今の給食流通課でも役立っています。

楽しい食事と健康を願って

2年間のルート営業を経て、給食流通課に配属されました。給食を提供している学校や病院、福祉施設や給食センターへ当社の商品をご提案しています。商談相手は管理栄養士の方がほとんどです。現場で経験を積んだ方は知識が豊富で、喫食者のことを深く考え献立を決めています。例えば、子どもたちが通う学校なら「栄養」と「腹持ち」。お年寄りの方が多い施設なら「のどに通りやすいか」を気にされることが多いです。商品のことをしっかり伝える責任を果たすべく、お客さまからの質問には正確に答えられるよう事前に勉強しています。あいまいな回答は信頼を失ってしまうので、分からない場合は持ち帰り、調べてからお答えします。給食を召し上がる方と直接お会いする機会は中々ありませんが、当社の商品が皆さまの健康に役立ち、笑顔にできたら嬉しいなと想い巡らせて、日々業務に励んでいます。

ページの上部へ