地域サービス部門
ビバレッジ・サービス事業部
2つのスタイル

地域サービス部門って?

地域のお客さまに「直接」商品をお届けする役割を担う地域サービス部門 ビバレッジ・サービス事業部。ヤクルト東海が担う「直販事業(= BtoBビジネス)」の場合、お届けには2つのスタイルがあります。このページはその2つについて、実際の先輩社員の声をもとに紹介していきます!

ベンディング

黒田 達彦

2017年入社
ビバレッジ・サービス事業部 サービススタッフ

ヤクルト東海では、企業の工場や食堂、オフィス、建設現場内、道路、飲食店などのお店の前などに「自動販売機」を設置しています。それぞれの社員が担当エリアを持ち、エリア内の自動販売機を管理。商品の売れ行き、地域の特性、季節などを考えつつ、商品ラインナップ決めや販促(自動販売機の飾りつけなど)を行い、より多くの人に「届く」自動販売機を目指します。

ダイレクト

伊藤佑恵

2017年入社
ビバレッジ・サービス事業部 サービススタッフ

地域のスーパーや小売店、アミューズメント施設内など、さまざまな“場所”で販売されている「ヤクルト商品」。当社のオフィスから商品をそれぞれのお客さまにお届けするのがダイレクトの仕事です。基本的にはすでにお取引をいただいているお客さま先に商品を「お届け」し、売り場内でのシェアアップや新商品のご案内、売り場での効果的な販売方法企画などを行っていきます。

Q1.入社のキッカケは?

食品業界を志望し、就職活動を行いました。当社は会社説明会の雰囲気がとても良く、「アットホームな会社だな、この人たちと一緒に働けたら楽しいだろうな」と思いました。実際に入社してからも同期や先輩たちと飲みに行くなど、仕事以外のつながりの強さを実感しています。

大学では理系専攻だったため、研究職へ進む同級生が多かったのですが、私は部屋にとじこもるより、外へ出る仕事が性に合っていると思い、営業など人と接する仕事を志望していました。当社は堅苦しい面接ではなく、お茶を飲みながらじっくり話を聞いてもらえたことから、社風に惹かれ入社を決めました。

Q2.仕事のおもしろいところは?

担当している自販機は自分のお店のような感じ。ただ商品を補充するだけでなく、売上アップのために自分のアイデアを反映できることがおもしろい点です。例えば、売りたい商品をフェイス中央に配置したり、パチンコ店ならコーヒー系飲料を充実させるなど、自販機の設置場所に合わせたターゲティングを行い、商品ラインナップを考えることも業務の一環です。ヤクルトの自販機は、会社から支給されるポップだけでなく手書き資材が使えるなど、他社ベンダーに比べて自由度が高い点も魅力。まったく売れていなかった商品に対して、得意の絵を活かしてポップを作り設置したところ、売上が改善した時はうれしさも倍増でした。

ただ商品を納入するだけではなく、売上を上げるために自分なりに工夫ができるところです。担当のとあるスーパーでは売れ行きがあまり良くなかったため、商品を陳列している専用冷蔵庫を清掃したり、目立つプライスポップを設置するなどしてみたところ、少しではありますが売上が改善し、うれしかったことがあります。また、納入先のお客さまとお話しすることも楽しみのひとつです。話す内容は、仕事の話3割、プライベート7割くらい(笑)女性の担当者さんとはコンビニスイーツの話で盛り上がっています。普段から良い関係を築いていると、仕事の面でもスムーズにいくことが多いため、積極的にコミュニケーションを取るようにしています。

Q3.仕事の難しいところは?

大部分を外で行う仕事のため、荒天の日は苦労しますね。雨や雪の日は商品が濡れたり汚れないよう、また渋滞による遅延や安全運転にいつも以上に気を使います。この仕事を始めてからは、当日の天気だけでなく、週間天気予報を気を付けて見るようになりました。天気や気温は売上にも大きく影響するからです。季節の変わり目はホットとコールドの切り替え時期について迷いますね。ある程度当たりを付けて商品の入れ替えを行うのですが、納品時に売り切れボタンが表示されていると、もしかしたら機会損失があったかもしれないと反省します。売れ行きを読むのは難しいですが、自分の予想と対策が当たった時はうれしいですし、やりがいを感じます。

今は慣れましたが、入社1年目はちょうど猛暑の年で、体力的に大変でした。また、地域サービス部⾨は、まだまだ男性が多いです。納入先には当社以外にもたくさんの業者が納入に来ますが、駐車スペースを間違えて大きな声で注意されてビックリするなど、今から考えると社会人1年目はいっぱいいっぱいでしたね。仕事で失敗してちょっと落ち込んだ時、支えになってくれたのは同期入社メンバーたち。仕事終わりにみんなで飲みに行って、話を聞いてもらうだけでスッキリした気分になり、「明日もまた頑張ろう!」って思えました。今はまだ担当業務で覚えることがたくさんありますが、機会があれば別の部署や職種にも挑戦してみたいなと思っています。

ページの上部へ